AkamaiインクはChina Unicom

アカマイ・テクノロジーズは、China Unicomのクラウド事業であるCU Cloudとのパートナーシップ契約を結び、あらゆる種類のWebパフォーマンス、メディア配信、クラウドセキュリティサービスを提供しています。

中国最大のクラウドコンピューティングサービスプロバイダーの1つであるCU Cloudは、アカマイのサービスと同社のサービスをバンドルし、両社のパートナーは、中国のビジネスが世界的にウェブプレゼンスを拡大できるよう支援するための機会をさらに開拓します。

Akamaiは今週の声明で、この契約は中国におけるCDN(コンテンツ配信ネットワーク)サービスの範囲を拡大すると述べた。また、CUクラウドは、独自のクラウドサービスを提供するための「ターンキーCDN」技術を活用する予定であると付け加えた。

「中国聯通は中国の主要通信事業者であり、世界的なインターネット市場にサービスを提供しています.CUクラウドと提携して急速に成長する中国のクラウドとCDN市場を活用することができて喜んでいます」とアカマイのシニアバイスプレジデント、グローバルネットワーク部門の

China Unicomは、昨年6月、6つの主要機能をサポートする新しいサイトに30億香港ドル(3億8,730万米ドル)を投資して、香港で初めての最大規模の施設を海外に建設する計画を発表した。これらは、サブケーブル着陸ステーション、クラウドコンピューティングサービスプラットフォーム、およびインターネットデータセンターを備えたオペレータのグローバルネットワークオペレーションセンターとして機能します。

先週、Akamaiは2014年12月から稼動していたインドのBangaloreに新しいセキュリティオペレーションセンター(SOC)を正式にオープンしました。この施設は24時間365日稼働し、CDNベンダーのグローバルサイバー防衛ネットワークを拡張しました。 2015年末までに、インドの施設は、米国外の人材に関してアカマイの第2位のSOCになります。

インドのマネージングディレクター兼副社長であるSidharth Malik氏は、「多くのアジア諸国が引き続きサイバー攻撃の主要な原因であることは明らかです」と述べています。

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

インドの反基本的な経済対策:Marc AndreessenはTwitterの騒動に悩まされている; LG PayはMWCでノーショーになる:Report; Singtelは純利益をSG $ 16M縮小する; FacebookはインドのFree Basicsプロジェクトを撤回する; Samsungは韓国の公共安全ネットワーク

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

インテル、エリクソン、メディア業界に注力するためのパートナーシップを拡大

?Xero、BPAY支払いのためにMacquarie Bankと提携

エンタープライズソフトウェア、Sweet SUSE! HPは、Linuxディストリビューションを支えるLinuxディストリビューション、Cloud、Twilioは新しいエンタープライズプランを展開し、CloudはIntel、Ericssonはメディア業界に重点を置くようにパートナーシップを拡大、XeroはBPay支払いのためにMacquarie Bankと提携