シスコインテグレータCompuNetの技術は、ハイブリッドクラウドの世界に向けて

シスコシステムズでは、データセンターに大きな足跡を残すレガシーエンタープライズIT企業のように、オンプレミス機器、プライベートクラウドインフラストラクチャ、パブリッククラウドサービスなど、さまざまな方法でアプリケーションを提供する先進的な企業を目指しています。同社のストーリー・ラインは、このハイブリッド・アプローチが「Everything of Internet」時代に不可欠であるということです。

これはまったく新しいものではありませんが、VAR、インテグレータ、および他のチャネルパートナーのために先週イタリアで開催されたイベントで、同社はこれを実現するための最新の製品とサービスを詳述しました:Application Centric Infrastructureの最新原則。ウェブサイトの編集責任者、ラリー・ディグナン氏は、インタークラウドと呼ばれるシスコの新しいハイブリッドクラウド管理コンセプトなど、新機能の概要を提供しています。簡単な言葉で言えば、これは、異なるサイロとしてではなく統合された全体として、社内とクラウドの統合されたインフラストラクチャをより包括的に管理するのに役立つ一連のテクノロジです。

シスコのワールドワイドチャネル担当シニアバイスプレジデントであるEdison Peres氏は、ブログのポジションで、よく編成されたハイブリッドインフラストラクチャを実現するためのシスコの進化する戦略が、同社のさまざまなチャネルパートナーにどのように影響するかについて語ります。将来的に認定されたコンサルティングパートナーが適応します。ここに抜粋があります

シスコクラウドビルダーは、2つのサービスの機会を提供します。 Cisco Intercloudソフトウェアをプライベートクラウドに実装することで、より簡単にパブリッククラウドに接続でき、パブリッククラウドやサードパーティのパブリッククラウドにソフトウェアを実装できます。

クラウド;クラウドコンピューティングは一度に1つのAPI、エンタープライズソフトウェア、甘いSUSE! HPはLinuxディストリビューションを曇らせる、クラウド、Twilioは新しいエンタープライズプランをより敏捷性を約束する、クラウド、Intel、Ericssonがパートナーシップを拡大してメディア業界に注力

シスコクラウドリセラーの場合、ハイブリッドITの新しい収益機会があり、顧客との会話を変更する機会があります。顧客のためにクラウドを合理化する能力には価値があります。彼らはいつ、どのようにビジネスでクラウドを使用しますか?パブリック、プライベート、またはハイブリッドクラウドを利用すべきか?各エリアのベスト・オファーは何ですか?究極的には、彼らのビジネスにとって最善の解決策は何ですか?

これらの問題を戦略的に検討するためにかなりの時間を費やしてきた長年のシスコパートナーは、アイオワ州ボイシにあるCompuNetであり、モンタナ州、ユタ州、ワシントン、そして最近はオレゴン州の北西部に約80名の従業員が広がっています。

1998年以来、CompuNetはシスコ、VMware、EMC、Citrix、Microsoft、APC(Schneider Electricの一部)とのハイレベルパートナーです。技術者のスキルを考えれば、インテグレータは技術者を訓練して、しばらくの間プライベートクラウドオプションについて議論しています。しかし、近年、CompuNetは、顧客のクラウドニーズに対応するための一連のパートナーシップを構築しています。これらのパートナーは、CompuNetの技術リソースに過度の負担をかけることなく、迅速にこれらのサービスを提供できるという理論です。 「顧客の100%がクラウドを評価しています」と、オレゴン州ポートランドにあるCompuNetによるクラウドサービスのビジネス開発マネージャーLuke Lesh氏は述べています。「これは顧客のために管理しようとしているコンバージェンスです。

CompuNetのGregg Pruettシニアバイスプレジデントは、既存のスキルを強化したクラウドサービス企業とのパートナーシップを慎重に検討していると述べています。 「私たちの選択は、正面からアプローチして、各クライアントのための最良のオプションがオンプレミス、クラウド、またはその両方であるかどうかを判断することでした。

一例として、同社はシスコのコラボレーションテクノロジプラットフォームに基づいたHosted Collaboration Servicesを提供するために、Xeroxとの国際的な提携を築いてきました。同様に、IaaS(サービスとしてのインフラストラクチャ)サービスとDRaaS(サービス災害復旧)サービスは、Unified Computing Systemアーキテクチャを基盤としています。そのパートナーはInvolta、Viawest、PeakColo、Xeroxです。

CompuNetの顧客の多くは、内部ITチームが経年変化の技術やライセンスの管理を心配することなく、新しいスタッフを追加することなく、戦略的機能に集中する方法として、クラウドサービスを検討しています。 「すべてのお客様がこの質問をしています」とPruett氏は述べています。

クラウドコンピューティングの成長

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

インテル、エリクソン、メディア業界に注力するためのパートナーシップを拡大