なぜマイクロソフトがコンシューマークラウドサービスに大きな賭けをしているのか(ヒント:それは企業に関するものです)

マイクロソフトの役員は、BYOD(bring-your-own-device)の傾向を大きく信じています。

クラウド、クラウドコンピューティングのクーパ、7500万ドルのIPO、クラウド、クラウドコンピューティングが1つずつAPI、エンタープライズソフトウェア、スイートSUSE! HPEはLinuxディストリビューションを曇らせ、Cloud、Twilioは新しいエンタープライズプランを展開してより敏捷性を約束

彼らはあなた自身のサービス(BYOS)をもたらす潜在的な影響や自分の雲(BYOC)のどちらが好きな頭字語にも大きな賭けをしていることがわかります。

マイクロソフトの経営陣はますます疑問を抱いています。ソフトウェアやサービスを無料で提供している場合、どうすればお金を稼ぐことができますか? OneDriveストレージを無料で利用できます。マイクロソフトおよび非マイクロソフトのプラットフォーム用の無料OneNoteアプリケーション無料のSkypeアプリとサービス。コンシューマーにとってはいいですが、広告の可能性を超えてこれらの収益をどのように収益化しますか?

先月のJPモルガン・テクノロジー、メディア・テレコム会議の出席者であるJudson Althoff(マイクロソフト・ノースアメリカ社長)の記事を読んだ後、私はSoftiesがこれについて考えていることをよりよく理解していると思う。

(Althoffの外観は、MicrosoftのSurface Pro 3の発売、ニューヨークでのライブだったので、ウェブキャストのライブを見ることはできませんでした。)転写物を読むには、Chromeで読み込むことができませんでした。 1ページを超えて。Internet Explorerで正常に読み込まれます。)

Althoff氏は、JPモルガンの出席者に対し、マイクロソフトの目標は、エンタープライズ内で収益性の高い価値を超えた消費者中心の「ウイルス消費可能なクラウドサービス」を創造することだと語った。要するに、目標は、家庭だけでなく、仕事でも使い続けることを望むために、消費者が主要な粘着性サービスに夢中になるようにすることです。

私たちがやろうとしていることは、コンシューマーレベルから始まって、コンシューマーレベルから始まった粘着性のあるサービスを作り出すことだ」とAlthoff氏はOneNote、OneDrive、Skypeについて言及した。アプリケーション。

人々がOneNoteを介してスタイラスの力とインキングを理解し、使用して成長し、OneDriveを介してクラウドに接続して同期させると、瞬時に会議やディスカッションが可能な会議システムとSkypeが結びついています。企業内で期待される教育環境や消費者環境での使用が可能になります」とAlthoff氏は説明します。

Microsoftの最近の組織再編成、4つの新しいアプリケーションとサービスグル​​ープの投資分野、ExchangeとOutlook / Outlook.com、Skype / Lync、OneNote OnlineとOneDrive、そしてOneNoteの作成はさらに意味をなさないようになりました。マイクロソフトは、コンシューマーラインとエンタープライズラインの両面で相乗効果を期待しているチームをまとめました。

クラウドソフトウェアメーカークーパ、7500万ドルの株式公開

クラウドコンピューティングの成長

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表