AMD、HPラップトップでLlanoを発表

AMDは正式にLlanoというコードネームのFusion Aシリーズを発表し、IntelのCore i3、i5、i7シリーズのチップよりはるかに優れたグラフィックパフォーマンスを約束したが、同等のバッテリ寿命を備えている。

32nmのLlanoシステムオンチップ(SoC)プロセッサは、Intelの次世代Sandy Bridgeチップアーキテクチャに対するチップメーカの答えであるとAMDは火曜日に発表し、少数のx86コアとRadeonの多コアGPUを組み合わせた。

AMDは、ますますデジタル化され、視覚的に指向する世界では、マルチタスク、鮮明なグラフィックス、リアルなゲーム、ラグフリーのビデオ、そして究極のマルチメディアパフォーマンスにおいて、より高い優先順位を掲げています」 AシリーズAPU [アーキテクチャのAMDのマーケティング用語]は、最大4つのx86 CPUコアと強力なDirectX11対応のディスクリートレベルのグラフィックスと最大400のRadeonコアと、専用のHDビデオ処理を1つのチップ上で組み合わせます。

LlanoはFusionのプロセッサフ​​ァミリの一部であり、同社のZacateとOntarioチップの後継製品です。このチップは、4月からテストと製品の統合のためにメーカーに出荷されており、2011年下半期の収益にとって重要となると同社は述べています。

AMDは、599ドル(365ドル)以上のシステムに搭載予定のA6 Llanoプロセッサーが、IntelのSandy Bridge Core i3プロセッサーと競争することを望んでいる。 = “http:>

インテルのタブレット型ターゲットであるLincroft Atomチップと同様に、AMDはLlano APUを搭載したシステムではバッテリ寿命が最大10.5時間であると主張しています。

これはチップに組み込まれた電力管理によって可能になります。これにより、要求に応じてコアの消費電力を拡大/縮小し、使用していない場合には接続されたGPUを完全にオフにすることができます。

AMDは、チップによって強化されると予想される145以上の「設計優勝」(ハードウェア製品)を保有しています。同社は、AシリーズのFusionチップが35Wから45Wの電力を消費し、Intelのまだ発売されていないCoreベースのUltrabookカテゴリのデバイスに近いものだと主張している。

プロセッサー、4K UHDを普及させるための第7世代プロセッサーの発売、プロセッサー、ビジョンとニューラルネットによるより強力なチップの需要の推進、データセンター、NVIDIAの仮想GPU監視、分析、ハードウェア、AMDのZen

エンドポイント・アナリシスのアナリスト、ロジャー・ケイ氏は、グラフィックス・コアのチップの切り分けにより、グラフィカルに集中するタスクで消費者にローカル・スーパーコンピューティング・サービスを実行できることを火曜日に書いている。

“Llanoグラフィックスエンジンは、画像ポストなどのタスクで最大500ギガフロップのデータを並列処理するために、400台ものRadeonグラフィックスコア(A8 [プロセッサ])を使ってパーソナルスーパーコンピューティングを行うことができます処理している」とKayは書いた。

「Llanoがx86市場の限られたシェアから抜け出るのを助けるのに十分であるかどうかはまだ分かりませんが、Fusionアーキテクチャと新しいAPU製品の実現はAMDにとって長年のベストショットでした。

Llanoシリーズのコア数は2〜4、クロック速度は1.4GHzから2.1GHzです。

火曜日に、HPはLlanoから供給された11のノートパソコンとノートブックを、498ドル(303ドル)から699ドルの価格で発表した。 HPは、Llanoを使用することで、ビデオ会議、ウェブブラウジング、コンピュータ支援設計(CAD)やビデオ処理アプリケーションなどのグラフィックス集約型アプリケーションなどのビジネスタスクを改善できると述べています。

インテル、4K UHDを大衆に押しつける第7世代プロセッサを発表

ビジョンとニューラルネットがより強力なチップの需要を押し上げる

NVIDIA、仮想GPU監視、分析を開始

AMD、IntelとZenの優位性を打ち消す