Toshiba Tecra M10-10のレビュー

東芝の「薄くて軽い」Tecra M10シリーズは、中小企業市場を目指しています。 Intel vProとToshibaのセキュリティ機能EasyGuardを中心にセキュリティが最前線にあります。これは合理的に移植可能なシステムなので、モバイルブロードバンドも統合できることはよく分かります。

この範囲には、549ポンド(元VAT)から始まる4つのモデルがあります。レビューサンプルは、最上位の849ポンド(元VAT)モデルです。

デザイン; Tecra M10はデザイン賞を受賞することはありませんが、確かにしっかりしています。外側のダークシルバーの蓋には大きくて反射的な東芝のロゴが、内側にはダークシルバーの調色が、画面の周りに広い境界線を含む黒色の色調と組み合わされています。

2.4kgのTecra M10は、「細くて軽い」カテゴリに分類されますが、おそらくモバイルプロフェッショナルが日中、日中に持ち歩きたいシステムではありません。あなたの旅行でそれを取る場合、それは幅が33.7センチメートル24.5センチメートル高さ3.64から3.84センチメートルを測定するので、かなり大きなバッグが必要になります。

ふたとシステムユニットのセクションを一緒に保持する留め金はありませんので、スクリーンとキーボードの間に異物が入らないようにする必要がある場合を除き、Tecra M10はバッグ内に独自のポケットが必要です。

14.1インチスクリーンはシャープで明るく、無反射のマット仕上げを歓迎します。ディスプレイは、1440×900ピクセルのまともなワイドスクリーン解像度を有し、視野角は良好である。より多くの解像度が必要な場合、Tecra M10の内蔵グラフィックスは、最大2,048 x 1,536ピクセルで外部モニタに出力されます。

キーボードはハイライトであり、うまく構築され、スピルに強い。キーは大きく、押されたときにすばやくクリックすると良いフィードバックを与え、私たちは何の問題もなく最高速度でタッチ式にすることができました。わずかな問題はEnterキーの右にあるキーの列です。 Home、PgUp、PgDn、End機能を提供します。キーボードの右下隅にある逆Tカーソルキークラスタでは、これらの機能を2倍にすることをお勧めしました。それが現れて、Enterキーはいつもより薄く、使い慣れています。

フルハイトの数字キーの行は、追加のFnキーの組み合わせを使用して半分のファンクションキーの行で上書きされます。通常、Fnキーを押すと、Fnキー行のファクシミリが画面に表示され、異なるキーの機能を思い出させます。キーを選択すると、関連するオプションを提供する新しいイメージが表示されます。これは便利だが、この機能はFn 1-9をカバーしているように見え、Fn 10-12は説明されていないので、機能を明らかにするにはマニュアルを参照する必要があります。

キーボードの上には3つのボタンがあります。 1つはメインのオン/オフスイッチです。 2つ目はWindows Mobility Centerを開き、ディスプレイの輝度と音量の調整、電源設定の変更、ワイヤレス機能へのアクセス、外部ディスプレイへの切り替えなどが可能です。 3つ目はToshiba Assistを起動し、ハードドライブの保護をカスタマイズするなど、さまざまなセキュリティおよびその他の設定にアクセスできるようにします。

タッチパッドは周囲の手首の残りの部分に遠くまで凹んでいます。これは、水平と垂直のスクロールが下端と右端に組み込まれています。その下には2つの小さなマウスボタンがあり、それらの間には指紋センサーがあります。

タッチパッドの上には2番目のマウスボタンがあり、今回は大きく、上向きのカーブを描くように設計されているため、G、H、Bキーの間にあるAccuPointスティックで簡単に使用できます。

特長; 4つのM10モデル、M10-10Iレビューサンプルでは、​​トップエンドの2.53GHz Intel Core 2 Duo T9400を実行しています。このシステムには3GBのDDR2 RAMが搭載されており、最大8GBまで拡張可能です。グラフィックスは、GM45 Expressチップセットに統合されたIntelのGMA 4500MHDモジュールで処理されます。

この4つのTecra M10ノートブックのうち3つは、強化されたセキュリティ機能を含むIntelのvProリモート管理テクノロジーを搭載しています。東芝は、指紋スキャナ、スピル耐性キーボード、ハードドライブ保護、トラステッド・プラットフォーム・モジュール(TPM)など、独自のEasyGuardセキュリティ・ツールを追加しています。

Tecra M10はWindows Vista Businessを実行し、必要に応じてWindows XP Professionalへの自己管理ダウングレードのためのDVDが付属しています。

ここで紹介したTecra M10-10モデルには250GBのハードドライブが搭載されています。エントリーレベルの10Wには120GBのドライブが搭載され、ミッドレンジの10Hおよび11Vにはそれぞれ160GBのドライブが搭載されています。オプティカルドライブはDVD Super Multi 2層ドライブです。

ワイヤレス接続には、Wi-Fi(802.11a / b / g、Draft-N)、Bluetooth(2.0)、有線リンク用のギガビットイーサネットとV.92モデムがあります。モバイルブロードバンドはオプションですが、レビューサンプルには含まれていませんでした。ノートブックはビデオ会議用のウェブカメラで構成することもできます。

ノートブックの4辺はすべてポートとコネクタを持ちます。フロントエッジには、一対のオーディオジャックとボリュームコントロールホイールがあります。ステータスLEDもここにあり、ノートブックを閉じたときに簡単に表示できます。

オプティカルドライブは、前面の右端にあり、その上にスマートカードリーダーがあります。その背後には、3つのUSB 2.0ポートがあり、それらは非常に近くに配置されるという共通の問題を抱えています。 USB周辺機器および/またはそのコネクタのサイズに応じて、同時に2つの隣接ポートを使用する際に問題が発生することがあります。モデム(RJ-11)コネクタは、右側のリアを持ち上げます。

左端には前面に(IEEE 1394)ポートがあり、その隣にSDおよびメモリースティックメディアを受け入れるフラッシュカードリーダーがあります。これらの上には1つのPCカードスロットがあります。さらに後ろには、USBとeSATAポートを組み合わせたものと、ワイヤレス通信用の手動スイッチがあります。冷却用の通気孔はこの端の裏側にあり、この背後には珍しい光景がありますが、これはシリアルポートです。

背面の端には、電源コネクタ、VGA出力ポート、イーサネット(RJ-45)コネクタがあります。

パフォーマンス; Tecra M10-10IのWindowsエクスペリエンスインデックス(WEI)の評価は3.7(5.9のうち)ですが、コンポーネントのスコアが最も低いシステムの統合グラフィックスによるものです。この評価は、ゲームグラフィックス(3Dビジネスとゲームグラフィックスのパフォーマンス)のものでした。次の最も低いスコア4.1は、グラフィックス(Windows Aeroのデスクトップパフォーマンス)という他のグラフィック要素に行きました。

プライマリハードディスク(ディスクデータ転送速度)5.1プロセッサ(1秒あたりの計算量)5.4 RAM(1秒あたりのメモリ操作数)5.7

バッテリ寿命に関する限り、東芝は最大で4時間20分(MobileMark 2007経由)と主張している。事例テストでは、Tecra M10をバランス電源方式に設定し、Wi-Fiをオンにして、完全なバッテリ充電からできるだけ長く作業しました。私たちは、プロセッサが忙しく保たれていることを保証するために、ずっと音楽CDを演奏しました。このかなりのテスト体制の下で、我々は約2時間15分の連続運転を得た。

結論; Tecra M10-10Iは魅力的な価格で、強力なセキュリティとデータ保護機能を提供します。私たちはウェブカメラとモバイルブロードバンドの欠如にそれほど感心していませんが、これは(価格で)追加することができます。

このかさばるノートブックをあまりにも頻繁に持ち運ぶつもりでない限り、高品質の画面と優れたキーボード、さらには内部コンポーネントの充実したセットを使用すれば、それをサービスすることができます。

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン