ハイパーバイザーを強化するためのWindows Server 8

Windows Server 8のバーチャルマシンでは、プロセッサインテリジェンスツールなどのより厳しいアプリケーションを実行できるように、プロセッサのパワーが強化されています。

データセンター:IBMは新しいLinux、Power8、OpenPowerシステム、Cloud、マイケル・デル、EMCの契約を締結した:「何十年にもわたって考えることができる、データセンター、Dellテクノロジーズ・リフトオフ:Dell、EMC、人工知能; Nvidiaは非営利研究のAIスーパーコンピュータを提供

サーバOSの次期バージョンでは、Hyper-Vハイパーバイザを使用して構築された仮想マシンのコア数が増え、最大コア数は16から最大4に増えました。 Windows Server 2008 R2 SP1以降のWindows Server 8は、一般的に2012年後半にリリース予定ですが、公開時期は発表されていません。

「Windows Server 8」はプライベートクラウドコンピューティングの次のステップと見なされています」と、同社のサーバーおよびツール事業の通信担当ゼネラルマネージャであるAmy Barzdukas氏は、英国のウェブサイトで「サーバーとツールの目標は、クラウド – すべてのビジネスを最適化します。

クラウドは仮想化される傾向があります。そのため、ハイパーバイザーである仮想化の基本的な技術を向上させることで、顧客はより強力なクラウド展開を実現できます。

仮想化分野では、AMDはIntelとVMwareの間にあります。仮想化のパフォーマンスに関してはVMwareに比べて劣るが、ハイパーバイザーパリティを達成するために必要な技術を積極的に開発している。

「Windows Server 2008 R2 SP1に搭載されているハイパーバイザーは、競争面で格差を大幅に縮めました」とBarzdukas氏は言います。

しかし、火曜日、VMware社は独自の仮想化技術の進歩を発表した。 VMwareはESXi 5.0ハイパーバイザーを発表しました。これはvSphere 5仮想化スイートの中核をなすものです。 ESXi 5.0は、最大32コアの仮想マシンをサポートすることができます。以前のバージョンのvSphere 4は、わずか8つしかサポートできません。

Microsoftは、Windows Server 8のリリース前にHyper-Vでサポートされる予定のコア数を増やす可能性がある、とBarzdukas氏は述べている。

なぜ、ハイパーバイザーに迷惑をかけているのですか?… [すでに] Windowsを既にお店で使っているお客様にとって、コスト効率が良いと考えています」と述べています。 System Centerは複数のハイパーバイザーを管理します。私たちは管理層が絶対に重要だと考えています。

System Centerは、Microsoft Server製品(Windows Server 2008 R2 SP1など)の管理フレームワークです。次回のソフトウェアアップデートSystem Center 2012は、Windows Server 8と連携する予定です。

Windows Server 8の詳細は、火曜日のロサンゼルスで開催されたMicrosoftのワールドワイドパートナー会議で発表されました。このアップデートには、MicrosoftのWindows Server仮想化の主要プログラムマネージャであるJeff Woolseyによると、Hyper-V Replicaという新しい機能が搭載される予定です。

Woolsey氏によると、この機能は「非同期仮想マシンの複製」を提供し、WebサイトUKの姉妹サイトであるwebsite.comによると、これにより、データが格納された直後または事前設定された時間にデータを複製することができます。たとえば、企業は仮想データベースをオフサイトのデータセンターにコピーして、冗長性を追加することができます。

Microsoftは、9月にカリフォルニア州で開催されたBuild / windowsカンファレンスで、Windows Server 8に関する詳細情報を共有する予定です。

IBM、新しいLinux、Power8、OpenPowerシステムを発表

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

Dell Technologiesがリフトオフする:ここでは、Dell、EMC、エンタープライズビジネスの群れが結合

Nvidiaは非営利の研究のためにAIスーパーコンピュータを提供