VMwareはDynamicOpsセルフサービスITポータルをvCloud Suiteに統合

VMwareは今週、VMworld EuropeのVMware vCloud Suiteポートフォリオ管理ソリューションのいくつかのアップデートを発表しました。

VMware vCenter Operations Management Suite 5.6は、アプリケーション・レベルのモニタリングを支援するために、すべてのMicrosoftパッケージ・アプリケーション(Exchange、SQL、Sharepoint)とカスタム・アプリケーション(Java、.NET、Ruby on Rails) Microsoft SQL、Exchange、Sharepoint、Windows OS、Oracle Database、カスタムJavaアプリケーションなどのビジネスクリティカルなアプリケーションに対応するVMware vCloud Connector 2.0にはコンテンツ同期機能が含まれているため、ハイブリッドクラウド環境全体で単一のコンテンツカタログを管理できます。 VMware IT Business Management Suite 7.5には、18のドメインにまたがる3,500以上のメトリックを含む新しいITベンチマーク・モジュールが付属しているため、IT部門は業績を業界の企業と機能的な企業と比較できます。

8月にはVMworld 2012で発表され、サンフランシスコではvCloud Suiteのバージョン5.1に100以上のアップデートと新機能が追加され、ビジネスクリティカルなワークロード、低レイテンシ、およびI / Oに敏感なアプリケーションに役立ちます。

VMwareの最高技術責任者Steve Herrod氏は、vCloud Suiteは主に仮想マシンから仮想データセンターへの焦点をシフトし、仮想データセンターの稼働をVMと同じくらい簡単に行うことを目指していると述べています。

VMware vCloud Automation Center 5.1は、認定された管理者、開発者、ビジネスユーザーが新しいITサービスを要求したり、既存のリソースを管理することを可能にする新製品です。

VMwareが7月に取得したDynamicOpsに基づいて、VMwareベースのプライベートクラウド、パブリッククラウド、物理インフラストラクチャ、複数のハイパーバイザ、Amazon Webサービスにわたるポリシーベースのプロビジョニングもサポートしています。

スイートへのその他のアップデート

VMwareのアップデートされたクラウド管理ソリューションは、2012年第4四半期に発表される予定です。VMwareのクラウド管理ソリューションはすべて、1台の仮想マシンで利用可能で、料金もかかります。

価格設定についての概要は次のとおりです

VMwareの次のプレー:企業向けのすべてのクラウドの管理

IBM、VMware、SugarCRMとクラウド契約を結ぶ

VMware、Arkin Netを買収

パブリッククラウドコンピューティングベンダー:強み、弱み、大きなイメージを見てください

VMware vCloud Automation Center 5.1、VMware vCloud Connector 2.0、VMware vCenter Operations Management Suite 5.6およびvFabric Application Director 5.0:VMware vCloud Suiteに含まれています。 VMware vCenter Operations Suite Foundation:アクティブなサポートを提供するVMware vSphereのすべてのお客様向けに無料でダウンロードできます。VMware IT Business Management Suite:1ユーザーあたりのライセンス数

VMwareは、VMware、SugarCRM、データセンターでクラウド契約を結び、VMwareはArkin Netを買収し、ソフトウェア定義のネットワーキングを増やすクラウド、パブリッククラウドコンピューティングベンダー:強み、弱点、大きな画像