VMware、Arkin Netを買収

VMwareは、vRealize Suiteアプリケーションを構築するために、ソフトウェア定義のデータセンターのセキュリティ、運用、分析を提供するArkin Netを買収すると発表した。

IBMは、Linux、Power8、OpenPowerの新システム、Cloud、マイケル・デル、EMCの契約を締結した:「データセンター、デルタはシステムの稼働停止に$ 1億5000万ドル、データセンター、デルテクノロジーは持ちこたえます:ここでは、エンタープライズビジネスの群れであるDell、EMC

契約の条件は明らかにされていないが、ArkinはVMwareのソフトウェア定義データセンターのラインナップを強化する可能性が高い。 Arkinの買収は第2四半期に終了する可能性が高い。

簡単に言えば、VMwareはvRealize SuiteとそのNSX仮想化ネットワーキングツールのスループット向上を目指しています。 Arkinのツールは、データセンターのトラフィックフローを追跡し、NSXの展開を可能にします。ソフトウェアで定義されたツールが実装されると、Arkinのプラットフォームは分析機能を提供します。

ここでArkinの部分を見てみましょう。

Arkinはネットワーキングのセキュリティと運用アプリケーションをvRealizeする予定です。 ArkinとVMwareはすでに共同顧客を集めている。しかし、Arkinはシスコ、Arista、Palo Alto、Brocade、Juniperのネットワーキングシステムとも統合しています。

これとは別に、VMware社は、TinyとTrustPointとのパートナーシップを通じて新しいエンドポイントセキュリティツールを展開していると語った。また、VMware社は、AirWatchソフトウェアを搭載したWorkplace OneソフトウェアのID定義ワークスペースを追加しました。

IBM、新しいLinux、Power8、OpenPowerシステムを発表

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

デルタはシステム停止に価格タグを付ける:税引前利益150百万ドル

Dell Technologiesがリフトオフする:ここでは、Dell、EMC、エンタープライズビジネスの群れが結合