シスコ、次のWeb革命の概要を発表

ハワード・チャーニー上級副大統領は、「ビクター・ヒューゴを借りてインターネットの力を要約すると、軍隊は時代のアイデアの強みに耐えられない」と述べた。

オーストラリアのブリスベンでは、今週、「情報豊富な」先進国と「情報不足」の開発途上国に分かれている世界が、革新の大きな波の嵐に瀕していると述べた。

Nicholas NegroponteのOne Laptop per Child非営利団体によって開発されたいわゆる$ 100ラップトップが計画通りに中国とインドの20億人に利用可能になり、2008年までに世界の人口の半分以上が都市に住んでいると、 Charneyは、豊かで情報のない世界が深刻になると語った。

情報へのアクセスを深めることは、孤立を取り除くことによって生活水準を向上させ、ひいては情報の乏しい国と豊かな国の生産性上昇率の間の格差を拡大させることになるだろう – 経済協力開発機構(OECD)過去10年間で倍増している、とCharney氏は指摘する。

3Dプリンティング、3D印刷、木版加工、銀行業務、バークレイズとのモバイル決済、フィンテックイノベーション、イノベーション、ビクトリア州は現地の技術者の夢の実現を目指しています、コラボレーション、今日のデジタルワークプレイスの組織原理は何ですか?

しかし、彼のビジョンは完全に慈善的ではないと述べた。開発途上国が人生を改善するためには、ネットワークが光ファイバ回線や無線技術に基づいているかどうかにかかわらず、シスコのネットワークが必要です。

チャーニー氏は、「あなたが大きくなると社会的義務を負っている…しかし、我々は利益を上げようとしているのだろうか(途上国のネットワーク構築)?はい、ビジネス上の提案があります。

インテリジェントビジネスリサーチサービスのアナリストKevin McIsaac氏は、ラップトップのような「技術を有効にする」ことが役立つことに同意したが、彼は疑問を提起した。

バングラデシュでは、マイクロファイナンスの専門家グラミン銀行が携帯電話を購入するために女性にわずか5ドルの貸し出しを行ったとMcIsaac氏は指摘する。 「これらの女性の技術を始めるには非常に重要でした。彼らは電話で時間を借りていました。住むには十分であり、住宅ローンを払うことができ、村の重要な技術でした」

村に2日間歩いて農産物を売る代わりに、地元のバイヤーに電話してより良い価格を交渉することができ、ストレス状態で可能だったよりも良い成果をもたらした、とMcIsaacは付け加えた。

しかし、シスコのCharney氏は、情報豊富な国では革新が起こらないと述べている。

「今日の我々の挑戦は、新技術の可能性を認識し、それを以前より速く使用することにあります。

イノベーションを維持するためには投資が必要で、時には憶測のように思えるかもしれません」と彼は言いました。投資はさまざまな方法で行われ、時には人々がお金を稼ぐことに巻き込まれ、(彼らが)働くことができないビジネスモデルを構築します。

Charneyは、敷設されていたが使用されていなかったダークファイバーや光ファイバーケーブルへの投資を過去の例として引用した。これは最終的には実行可能なビジネスモデルの立ち上げに役立った:インドのアウトソーシング業界は、彼は言い​​ました。

しかし、McIsaacは、効果的な成果のために遡及的に良い投資を解釈しないように警告した。 「価値は(ドットコムブーム)から出てきたが、膨大な投資浪費があった」と彼は語った。

「ビジネスは技術投資のポートフォリオビューを必要とし、5%は知識管理プロジェクトのためのWikiやWeb 2.0などの青空投資に参加する必要がありますが、30%はITの稼働と既存テクノロジの改善を維持する必要があります。

シドニーから報告されたオーストラリアのウェブサイトのLiam Tung

3D印刷の手作業:木材を使った作業

?CommBankはモバイル決済、fintechイノベーションのためのBarclaysと提携

ビクトリア州は、地元の技術才能の夢のフィールドを目指しています

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?