シスコはSourcefireで新しいファイアウォールに脅威を検出

セキュリティ脅威に対処するための社内グループを持つ金融機関などの大規模な組織を除けば、シスコによれば、大部分の企業はセキュリティに重点を置き、脅威に対応する余裕がありません。

Cisco Security AustraliaとニュージーランドのジェネラルマネージャーAnthony Stittは、侵害された組織は、掃除する前に問題を明らかにするためにしばしば数週間または数ヶ月かかると述べました。

彼は、それが長くてコストのかかるプロセスであることを説明するための例として、米国で発生した最近の目標違反を描いた。事実、小売業者はデータ侵害の結果として、1,100億ドルの純費用を報告しました。

スティット氏は、「目標の違反が興味深かった理由は、クリーンアップのコストが非常に大規模だったからだ。間違っていたものを見つけようとすると、影響を受けたシステムをきれいにすることは非常に難しい仕事だった。

米連邦捜査局(FBI)はCrackasのメンバーを逮捕し、米国政府の役人をハッキングした姿勢を示している;セキュリティ、Wordpressはユーザーに重大なセキュリティホールを修正するように今更新するよう強く促す;セキュリティ、ホワイトハウスは連邦最高情報セキュリティ責任者政府の監視による緊急対応

しかし、セキュリティをうまくやっていくことは難しいことだと認識していますが、ビジネスは「これに費やす費用、それに費やすために必要なリソース、必要とする技術についての期待が変化していると考えています。仕事を終わらせるために申請する “。

これを踏まえて、シスコは、業界初の「脅威に焦点を当てた次世代」のファイアウォールであるFirepower Servicesを搭載したCisco ASAで、アプリケーション制御、侵入防止システム、および高度なマルウェア対策をSourcefireから提供しています。価格は$ 5,000から始まります。

Stitt氏は、このソリューションは組織にとっての「涅槃」であり、企業がネットワーク全体でマルチベイトの脅威を可視化し、制御できるようにするという大きな前進だと述べています。

「Sourcefireソフトウェアを既存のCisco ASAハードウェア上で実行する能力は、これを特色としています。市場をリードする2つの技術が統合されたのは初めてのことです。市場をリードするファイアウォールと、市場をリードする侵入、脅威可視化装置が単一のプラットフォーム上で統合されている」と述べた。

同時に、ソリューションの目的は、企業が環境にあるときに脅威を検出し対応する機会を与え、そのプロセスを数週間、数日、さらには数時間に短縮することです。

「妥協案を早期に認識することができれば、企業は何が起きたのかを理解し、迅速にクリーンアップし、業務を遂行するためのツールを提供することができます」

このソリューションは、クラウドリソースを保護するための機能を展開することを中心に、特にオーストラリアでの「極端なレベル」に対応するための仮想ソリューションとしても利用できます。

Cisco ASA with Firepower Servicesは、Sourcefireを同社のセキュリティポートフォリオに統合し、その後、セキュリティソフトウェアメーカーを27億ドルで買収しました。

FBIは、米国の政府関係者をハッキングしたとの態度で、Crackasのメンバーを逮捕した

WordPressは、重要なセキュリティホールを修正するために今アップデートするようユーザに促す

ホワイトハウス、連邦最高情報セキュリティ責任者を任命

国防総省のサイバー緊急対応を批判したペンタゴン