comScore:米国のOEM市場シェアでAppleが初めて2位

comScoreの最新の10月のレポートによると、米国モバイル市場のリーダーボードのトップは、最小の利益で同じように見える。

しかし、少なくとも一つの顕著な変化があった。

モバイルOEMにとって、サムスンは国内市場シェアの26.3%を再びリードし、わずか0.7%増加しました。

しかし、アップルが初めてOEM市場シェアの17.8%を記録して2位にランクインしたことでトップ5にはシャッフルが少しありました – 1.5%ポイントアップしました。

モビリティ; 400ドルの中国のスマートフォン?アップルとサムスンが安いライバルを追い払い、とにかく価格を引き上げる、iPhone、Appleの耐水iPhone 7の保証は液体のダメージをカバーしない;移動性;オーストラリアの航空会社がSamsung Galaxy Note 7を禁止する; Telcos、Telstra、Ericsson、Qualcommが1Gbpsの合計速度ライブ4Gネットワ​​ークテストで

9月にiPhone 5がリリースされた可能性は高いと思われるが、アップルとサムスンの両者がブランドを牽引していることを考えると、この出来事は驚くべきことではない。

LG、モトローラ、HTCは、それぞれトップ5を切り上げたが、3社とも株価がマイナスポイントとなった。

スマートフォンのオペレーティングシステムの分野では、Androidは、GoogleのOSの市場の53.6%を確保している加入者数が1.4%増加し続けています。

このリストの2位でも、アップルはちょうど34.3%に少し上がった。

RIM、Microsoft、Symbianが3位、4位、5位に続いた。そして、モバイルOEMのリストのように、これらの3つもすべて順位を落としました。

しかし、10月末のWindows Phone 8のリリースでは、おそらく来月にはMicrosoftの動きがちょっと見えます。

参考までにcomScoreは、10月までの3ヶ月間に13歳以上の米国の携帯電話加入者数を3万人以上に調査しました。

400ドルの中国のスマートフォン?アップルとサムスンは安いライバルを追い払い、とにかく価格を引き上げる

耐水iPhone 7のAppleの保証は液体の損傷をカバーしていません

オーストラリアの航空会社がSamsung Galaxy Note 7を禁止

テルストラ、エリクソン、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成