マイクロソフトの他の3つのERPスイート

マイクロソフトは最近、4つの異なるERP製品の1つであるDynamics AXの真のクラウドファーストバージョンをリリースしました。しかし、他の3つのMicrosoft ERPスイートの次は何ですか?

エンタープライズソフトウェア、?TechnologyOneは、農業、共同作業、現在のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか? HPEはLinuxディストリビューション、Enterpriseソフトウェア、Appleが9月13日にiOS 10をリリース、macOS Sierraを9月20日にリリース

今週のEnvisionカンファレンスでは、MicrosoftのエグゼクティブがDynamics NAV、GP、SLのロードマップを覗き込んだ。

Microsoftのビジネス意思決定者会議(およびDynamics CRMとERPの顧客やパートナーのコンバージェンス・ショーに代わるイベント)のEnvisionの出席者は、これらの3つのERPスイートのリリースのスピードが加速していると語った。ユーザーは、少なくとも年1回の更新を期待し、時にはこれらの3つのERPスイートに6か月ごとに更新する必要がある、と当局者は述べた。

フェイスリフトを得るための次のERP製品は、Dynamics NAVです。私はマイクロソフトが次のDynamics NAVリリース(コードネーム「Madeira」)を来週発表する予定であることを知りました。

Dynamics NAVは、マイクロソフトの中小企業向けERPソリューションです。 4月4日のEnvisionでは、同社の関係者は、カレンダー2016の後半に「NAV vNext」を予定していると語った。

今回のリリースの機能一覧:強化されたOffice 365 “エクスペリエンス”、改良された開発者の経験、サービス統合、より速いセットアップと構成、Azureの統合など。Microsoft Dynamicsを扱うさまざまなブロガーは、Azureの統合が、 NAVユーザー向けに事前にパッケージ化されたAzure機械学習サービス

マイクロソフトの「Project Madeira」アプリケーションのプライベートプレビューは、既にWindowsストアに掲載されています。アプリの説明によれば、ユーザーは「Outlookを離れることなく、売上、財務、請求、購入、在庫などを管理することがどれほど簡単かを確認できます。

「Windowsプロジェクトのこのプロジェクト「Madeira」は、移動中の生産性を向上させるためにモバイルデバイスやタッチ対応デバイスに体験を広げます」 MadeiraはWindows 8.1、Windows 10、Windows Phone 8.1、Windows 10 Mobileデバイスで動作します。

アップデート(4月7日):Project Madeiraアプリについてもっと多くの情報が(少なくとも今のところは)利用可能です。 (「Walking Cat」のプレビュー登録ページへのリンクありがとうございます)。「Project ‘Madeira」は、ビジネスプロセスを自動化し合理化し、管理を支援する中小規模の組織向けのビジネス管理ソリューションです登録は簡単で、レガシーシステムから既存のビジネスデータを移行することができます。

Madeiraページの詳細から、OutlookユーザーがMadeiraをOutlookアドインとして入手できるように見えます。 Madeiraは、WindowsおよびWindows以外のプラットフォーム上のさまざまなWebブラウザーでも使用できます。

次のマデイラ版のDynamics NAVは、カレンダー2017でしばらくの間利用されていると、Microsoftの関係者は昨日語った。

Dynamics GPユーザーは5月1日にDynamics GP 2016をリリースする予定です。このバージョンでは、HTML Webクライアントとワークフローの強化が行われます。今後のリリースでは、ユーザーが特定の顧客、支払い、またはその他のカテゴリに関連するすべての情報の単一ページビューを持つことを可能にする新しい「オールインワン」機能も含まれます。

Dynamics GPは現在、更新のために6〜9ヶ月のサイクルを迎えているという。

Dynamics SLのフロントには、このERPオファリングの新しいバージョンがカレンダー2016の後半に、そして「2017+」に入っているという。

今年、SLユーザーは、ホットフィックス、Webアプリケーションの強化、Power BIの統合など、Dynamics SL 2015の累積的なアップデート2を期待しているはずです。その後、Dynamics SL 2017は、リッチクライアント、デスクトップ、タブレット、スマートフォン用のWebアプリケーション、さらに統合されたPower BI機能を備えています。

昨年、マイクロソフト社の企業再編成会社の一員として、経営陣はDynamics CRMおよびERPエンジニアリング組織を同社のクラウド&エンタープライズ・グループのもとに移しました。これは、Azure、機械学習、オフィスなどのMicrosoftクラウドサービスとERP 365およびPower BI。

?TechnologyOneは農業に6.2百万豪ドルを調印

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Appleは9月13日にiOS 10を、MacOS Sierraは9月20日にAppleをリリースする