事実上大きいが明らかに小さい

誰かが仮想化について夢中になる前に、約30秒間だけデータセンターの周りをぶら下げています。仮想化のコストメリットは明らかですが、管理上の課題はカーペットの下で頻繁に席巻されます。しかし、それを心配する前に、大規模な企業でサーバ仮想化がどれだけ進んでいるかという大きな疑問があります。

データセンター:IBMは新しいLinux、Power8、OpenPowerシステム、Cloud、マイケル・デル、EMCの契約を締結した:「何十年にもわたって考えることができる、データセンター、Dellテクノロジーズ・リフトオフ:Dell、EMC、人工知能; Nvidiaは非営利研究のAIスーパーコンピュータを提供

その答えはあなたが思うほどではないようです。

アナリストのフィリップ・サージェント氏は、ガートナーのインフラストラクチャ、オペレーション&データセンターサミットで、仮想化のメリットは広く認識されていたが、実際の実装は誇大宣言から推測するほど一般的ではないと述べた。

ガートナーの計算によると、世界のトップ1000社のうち約90%が、PCサーバーシステム用に何らかの仮想化インフラストラクチャを提供しており、その大半はEMCのVMware部門が提供しています。 Sargeant氏は、「それは印象的だが、本当に興味深いのは、90%のシェアを持っているが、サーバーファーム全体に仮想化が導入されていることは分かっていない」と述べた。

これらの企業にいるにもかかわらず、x86の世界では普及率はごくわずかです。インストールされているX86サーバーの約6%には、何らかの形の仮想化機能が搭載されています。つまり、誰もがそれを試していますが、誰もそれに夢中です。

仮想化はすべての右ボタンを押します。コスト削減、より環境に優しいソリューション、データセンターの設置面積の縮小です。

この理由の大きな部分は価格だとSargeantは示唆した。 「非常に成熟しており、機能が豊富だが、多くの企業ではまだ非常に高価だと見られている」とサーマント氏は話す。

また、マイクロソフトが独自のWindows Server 2008ベースのハイパーバイザー製品「Hyper-V」を積極的に宣伝したことを背景に、「今後数年間に価格調整の必要性がある」と予測した。

仮想化という言葉で言えば、MicrosoftはVMwareのGoliath(すべてのEMCの現金にもかかわらず)にDavidをプレイするのは珍しい立場にある。

Windows Server 2008でHyper-V(現在はベータ版、ガートナーは2008年後半にリリース予定)を無料で提供しようとしているが、それに追いつくのに時間がかかるだろう。 Sargeant氏は、「VMware社が今日提供している仮想化機能の多くは、Microsoftが今までに持っていたものではない」と語った。

マイクロソフトにとって大きな課題の1つは、ハイパーバイザーコードをよりコンパクトにすることです。 (Blimey、ショックがあります:Microsoftが肥大化したコードを書いています)

Sargeant氏はVMware社のESX Serverのコアコードは約32MBで、無料のXenシステムは120MBから256MBのどこかにあると述べた。これと比較して、Hyper-Vのサイズは1GBから1.5GBです。

これはストレージの問題ではありませんが、安定性の問題です。コードが多いほど、仮想化されたOSと間違ったり相互作用したりする機会が増えます。 Sargeant氏は、「Microsoftは、すべてのソフトウェアにこの目標を適用できるという目標を掲げている」と述べている。

それは、彼はバルマーと男の子に賭けていないと言いました。サージェント氏は、「2人の大手企業はVMwareとMicrosoftになるだろう」と述べた。 “VMwareはエンタープライズ空間をしばらく管理しようとしているが、マイクロソフトはSMB空間を管理しようとしている。

2009年までに、ガートナーは仮想化の普及率が11%に上昇すると見ています。今日の数字はほぼ倍増していますが、われわれが思ったようにすぐにスタンドアロンサーバーを放棄しているようには見えません。

IBM、新しいLinux、Power8、OpenPowerシステムを発表

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

Dell Technologiesがリフトオフする:ここでは、Dell、EMC、エンタープライズビジネスの群れが結合

Nvidiaは非営利の研究のためにAIスーパーコンピュータを提供