Toshiba Tecra P4レビュー

P4は豊富な機能を備えた信頼性の高いマシンです。その控えめな外観にもかかわらず、内部に最新技術があり、堅実なパフォーマンスを提供します。

Tecra P4は大型デスクトップ交換モデルです。マシンはおそらくファッション賞を獲得することはできませんが、東芝は耐久性に重点を置いているようです。電源/価格比は従来のデスクトップPCの後ろにあるため、ノートブックはこれまでとは少し妥協していますが、テクノロジの改善はすばやく完了しており、デスクトップの置き換えは私たちの多くにとって本当の選択です。速く消えていくデスクスペースの一部を取り戻したい場合は、Tecra P4があなたの祈りの答えであるかどうかを調べてください。

ToshibaのTecra P4は小型のマシンではありません。グラフィックス・カードは、128MBの専用ビデオ・メモリーを備えたnVidia Quadroで、P4のCPUは2.0GHzのIntel Core 2 Duoで、付属の付属品が付属しています(15インチSXGA 1400×1050解像度のスクリーンが標準の4:3比で提供されます)。 1GBのRAMを搭載 – 4GBに拡張可能標準バッテリは3.5時間まで使用可能で、最大5.5時間のジュースでより大きなバッテリオプションを使用できます。

支配的な色は、スクリーンケーシング、タッチパッドサラウンド、および一部のマイナーなトリミングがシルバーの黒です。ツインスピーカーはスクリーンのすぐ前に取り付けられ、バイオメトリック指紋リーダーは矢印キーのすぐ下にあります。

P4には80GBのSATAハードドライブとDVDバーナーが付属しています。接続オプションには、ギガビットイーサネット、内蔵ファックス/モデム、Bluetooth、802.11 a、b、g、FireWireなどがあります。オーディオポートとFirewireは、音量コントロールとワイヤレスイネーブルスイッチと一緒に簡単にアクセスできるように、マシンの前面に配置されています。他のポートには、シリアルとパラレルの2つのタイプのビデオ出力(デュアルスクリーン対応のD-sub VGAとSビデオ)に加えて、3つのUSB2ポートが含まれています。 PCMCIA、ExpressCard、SDカードソルトも含まれています。オプションのポートリプリケータも使用できます。

ビルドの品質; P4は、現実の世界の使用を処理する能力以上のものですが、文字通り現場では使用できません。マシンは、ハードドライブを停止して突然の動きに応答して損傷を回避します(それ以外の構成をしない限り、毎回通知します)。キーボードは、こぼれることのないようにトレーの下にあります。ソリッドで突出したコーナー領域は特別な保護機能を提供します。ノックをかけると、画面や光学ドライブなどの機密性の高い領域が問題になる可能性は低くなります。画面は、2つのフックではなく、2つのフックでラッチすることで利益を得ます。また、スクリーンの斜面は非常に薄暗いですが、全体の建築品質は良好でした。

使用性; P4にはAccuPointポインティングデバイスとタッチパッドが装備されています。広いパームレストは、手に十分な余裕を与えます。デスクトップアイコンを介してアクセスする「Toshiba Assist」ユーティリティにより、管理ソフトウェアにすばやく簡単にアクセスできます。

東芝が落ちる場所はキーボードです。キーボードは、電源ボタンと他の2つのファンクションキー、つまりほぼどこにでも置かれていたボタンを収容できるように狭められています。幅の結果として、いくつかのキーの配置は、フラストレーションのない非標準です。第2に、多くのキーに適用される第2の機能はグレーでマークされており、これは読みにくいものです。

ソフトウェア;ノートブックには、Windows XP Professional SP2およびMicrosoft OneNoteが付属しています。セキュリティ、診断、電源管理のための管理ユーティリティが提供されています。 2台目のドライブ(外付けドライブまたは光ドライブの代わりに使用するドライブ)がある場合に備えて、RAIDユーティリティが用意されています。 Intervideo WinDVDはCDとDVDのオーサリングを容易にし、Norton Internet Securityの90日間の試用版も含まれています。

「Toshiba Assist」管理ソフトウェアは、デスクトップアイコンを介してハードウェアデバイスに容易にアクセスできます。このソフトウェアは、多くの標準Windowsツールよりも優先されます。

ベンチマークの結果、BAPCO MobileMark 2005がシステムパフォーマンスの主な指標として使用されました。 Tecraのバッテリーは2時間46分続いた。 3時間以内であればエキサイティングではありませんが、大型マシンではあまりにも驚くべきことではありませんが、もちろん、約60%の寿命を延長するより大きなバッテリーを購入するオプションがあります。パフォーマンススコアは非常に尊敬できる234でした(現代のマシンは200以上のスコアを出し、270を超えるスコアは見ていません)

Sandra Pro File Systemテストでは28MB / sの結果が得られましたが、ここ数カ月でテストしたマシンの多くは約35MB / sでした。メモリ帯域幅は効率が63%と評価されています。これは、私たちが望むかもしれないものを少し下回りました。 Dhrystone ALUでは24251 MIPS、CPU使用時にはWhetstone FPUでそれぞれ22768 MIPS、6046 MFLOPSと計算されました(CPUは自然にメモリ機能を備えた物語の一部に過ぎませんが、CPU速度とメモリ帯域幅の相関が見られます)。 。

評決; Toshiba Tecra P4は、豊富な機能を備えた信頼性の高いマシンです。その控えめな外観にもかかわらず、中には現代的な技術があります。東芝の製品に対する信頼は、3年間の部品保証と無償宅配便のピックアップにより実証されています。電話サービスは平日に限られていますが、午前7時から午後7時までです。東芝だけが、物理レイアウトや美学などの設計問題に少しだけ注意を払うならば。全体的に、P4はお金のための合理的な価値を表し、非常に効果的なデスクトップの置き換えです。

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン