なぜ特許コンソーシアムが良いのか

特許とクロス・パテント・コンソーシアムの主題が登場すると、誰もがトロールです。

データセンター、IBMは新しいLinux、Power8、OpenPowerシステム、Big Data Analytics、AIを使用して第2アフリカの研究機関で大量のデータを管理する人工知能、IBM Watson:AIによって作成された映画の予告編; CXO; IBMが業界プラットフォームを立ち上げ、ブロックチェーン・ユニットを導入し、グローバル・ビジネス・サービスのエグゼクティブを交換

Pamela JonesはIBMのトロールです。 Florian MuellerはMicrosoftのトロールです。彼らの敵はそう言っているので、真実でなければならない。

IBMとMicrosoftはどちらも特許コンソーシアムを持っています。 IBMはOpen Invention Networkとして編成されています。 Microsoftの契約は、Novellによって最初に署名されたものであり、以来、多くの人々によって契約が締結されています。

どちらもLinuxを保護すると主張しているため、両方ともこのブログの読者にとって重要です。 IBMはSCOの事件が提起された後に行動した。 Microsoftは、オープンソース分野に参入するという企業決定を下した後、行動した。

両方の目的も同じです。

コンソーシアム内部の人々の特許リスクを最小限に抑える。両方とも新メンバーにオープンしているので(OINは現在36人のメンバーを抱えている)、エントリー費用は控えめで、ポケットナイフだけで銃撃戦に行くのに比べて大きな価値があります。

弁護士に弁護士に大金を払ってもらう絶対的な保証はありません。 IBMは今後数ヶ月間に多くのユーロを消費するようになっている。それは独占のリスクです。著作権などの特許は、創設者の独占的存在とみなされていました。

個人的に私はすべてのものが無駄だと分かります。だから私は最近、ジョン・ロバーツ税をソフトウェア特許と呼びました。裁判所が判明した場合 – 創立者が意図したとおりに数学にどのように特許を取ることができなかったか、またはあなたがどのように事業を行うことができなかったのか – これは必要ではありません。

MuellerはOINを「特許トラップ」と呼び、Groklawの集団はMuellerの独自の名前を持っています。そのほとんどは家族ブログでは繰り返せません。

私は両方の側がポイントを欠いていると思う。

法的な明快さや立法措置がなければ、これはオープンソースが住んでいなければならない状況です。それは憲法が避けようとしていた革新に対する税金です。もちろん、憲法は上院議員の直接選挙を避けようとしていた。

彼の著書「世界で最も強力なアイデア」(上記)では、ウィリアム・ローゼンは、産業革命をもたらすための2つの重要な要素の1つであるアイデアの所有権を求めています。もう一つは、企業に労働者を組織することだったと彼は書いています。

オープンソースは共有の企業です。その目的は、どれほど大きな企業であっても、大きなアイデアやアイデアを大規模に整理することです。

今日のソフトウェアは、今日見られるエジプトのピラミッドやMachu Picchuのようなものです。それはビルダーが見たものではありません。それが下にあったのです。それは基礎です。

オープンソースの批評家は、それが革新しない方法について話したい。ある程度それは本当です。しかし、それはポイントではない、私の友人。

健全な基盤がなければ、数十億行のコードを持つソフトウェアを書くことは決してできず、バグのない状態で世界に利益をもたらすことはできません。それは、自由な社会の枠組みの中で機能する組織化原則です。

それは法曹界からより多くの敬意を払う必要があります。そして、おそらく歴史家から。

IBM、新しいLinux、Power8、OpenPowerシステムを発表

IBMがAIを使って第2アフリカの研究室で大きなデータを暴動させる

IBM Watson:AIによって作成された映画の予告編は次のようになります

IBMは業界のプラットフォームを立ち上げ、ユニットをブロックし、グローバル・ビジネス・サービスのエグゼクティブをスワップする