2020年までに250億の接続デバイスがインターネットの構築

ガートナーは、今後6年間で、接続された「もの」(ネットワークまたはインターネット対応デバイス)の使用における成長の予測を立てています。アナリストらは、来年末までに約50億件、2020年末までに250億人(惑星のすべての人に3人)が接続すると予測しています。

ちょうどすべての人々が、物事のインターネット(IoT)や仕事場や家庭でのワイヤレスデバイスの使用の爆発など、イニシアチブの台頭により技術の使用が段階的に変化していると予測していますが、これらの変化がどのくらい大きなものであるか維持されているかの合意。昨年シスコは、この種のデータを誰かと同じように扱うべきであり、2020年末までに約2倍のデバイス(約500億)を接続する必要があると予測していました。

ガートナーのジム・タリー副社長は、デジタルシフトは「力の連鎖」によって引き起こされたと考えている。ネクサスは、クラウド、モバイル、ソーシャル、情報アプリで構成され、IoTによってブーストされます。これは「多くの既存のビジネスを脅かす… ITの消費者化を進めてきたように追求することしかできない」とタリー氏は語った。

同氏は、この急激な拡大は、消費者、企業、市当局、病院など多くの企業がこの技術を利用する新しい方法を見つけるにつれて、「IoTの経済的影響を増大させる」と考えている。

ガートナーは、IoTが2015年には695億ドル、2020年には2,630億ドルの総サービス支出を支援すると見積もっています。

イノベーションは多くの普通の対象を取り入れます

驚くことではないが、コンシューマ向けアプリケーションが接続されたものの数を増やす一方で、エンタープライズはほとんどの収益を占めるだろう。ガートナーは、2015年に29億件の接続されたものが消費者部門で使用され、2020年には130億件に増加すると予測しています。

ガートナーは、現金自動預け払い機や航空機チェックイン機などの接続されたものはすでに存在していると認識していますが、「多くの通常の対象物」を含む新しいものも「デジタル感知、コンピューティング、通信機能で再発明されています。この機能は、新旧パッシブオブジェクトの両方に「デジタル音声」を提供します。

「サムスンとTモバイルは5Gトライアルで共同、クラウドはEMCとの契約を終えたマイケル・デル:「何十年にもわたって考えることができる」ネットワーキング、今秋にNFLサッカーをオンラインで見る方法、Internet of Things、クアルコム、AT&ドローンは4G LTEネットワークを使用できます

しかし、CIOは、製品やサービスを単にデジタル化するのではなく、新たなビジネスモデルと価値提案を生み出すことから生じる、最も破壊的な影響と競争上の脅威、 Steve Prentice大統領。

「組織は、賢明なものから入手可能なすべての情報の緊張に、紛失や誤用のリスクを伴う収集と分析のバランスをとってバランスをとらなければならない」と同氏は付け加えた。

ガートナーによると、上司は現在、「企業のセキュリティの将来性とそれを管理、管理、運営する」という決定に直面しています。ガートナーは、2017年末までに、組織の20%以上が「IoTでデバイスやサービスを使用してビジネスイニシアチブを保護することに専念した」デジタルセキュリティサービスを提供すると述べています。

参考文献

Microsoftは199ドルのWork&Play Bundleでデュアルユースビジョンを推進

Rackspaceが再びQ3の見積もりを上回り、Microsoft Cloud OSネットワークに参加

CAは、クラウド、セキュリティ、および開発運用管理に焦点を絞る

サムスンとTモバイルが5Gトライアルで協力

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

?今秋、NFLサッカーをオンラインで見る方法

ドローンが4G LTEネットワークをどのように使用できるかをテストするクアルコム、AT&T